〜 Twitterプロモーションで利用可能なeギフトを活用したインスタントウィン機能 〜「giftee for Business」新サービス「giftee campaign platform」の機能として「Twitterインスタントウィン」の提供を開始

〜 Twitterプロモーションで利用可能なeギフトを活用したインスタントウィン機能 〜「giftee for Business」新サービス「giftee campaign platform」の機能として「Twitterインスタントウィン」の提供を開始
2017年8月21日 giftee

eギフトサービス(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦/以下、ギフティ)は、2017年8月1日より、法人向けソリューション「giftee for Business」の新たなサービスとして、企業のデジタルマーケティング施策を支援する、「giftee campaign platform」の提供を開始し、本プラットフォームの機能として、SNSのプロモーションに活用可能な「Twitterインスタントウィン」の提供を開始しました。また、「Twitterインスタントウィン」機能を活用したキャンペーンの第1弾として、2017年8月4日より、株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長: 松田 洋祐/以下、スクウェア・エニックス)が、実施する新作スマートフォン向けアプリ「めしクエ」(めしクエ公式サイト:http://sqex.to/qn8)のTwitterキャンペーンに導入をいただき、キャンペーン開始5日で、8,900のリツイートを獲得いたしましたので、あわせてお知らせいたします。

ギフティは、日頃の「小さなありがとう」という気持ちと一緒にオンライン上で簡単にギフトを贈ることができるカジュアルギフトサービス「giftee」(※2)の運営および、法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」を提供するSaaS事業を主力事業として展開しております。また、eギフトサービスのみならず、2016年5月には、地域通貨の電子化を実現するソリューション「Welcome ! STAMP」、2016年4月には法人向けソリューション「giftee for Business」の提供を開始しております。

2017年4月より提供を開始した「giftee for Business」とは、「giftee」を基盤とした新たな法人向けソリューションであり、景品や謝礼として利用できるギフトチケットを販売するサービスです。提供開始以降、既に約150社に導入を頂いております。(2017年7月末時点)「giftee for Business」を通し発行されるギフトチケットは、「giftee」で取り扱う全国の店舗で引き換え可能なデジタルチケットです。ギフトチケットは、200種類以上のラインナップから選ぶことができ、価格帯も100円から幅広く取り揃えております。この度、「giftee for Business」の新たなソリューションとして提供を開始した「giftee campaign platform」は、企業の様々なデジタルマーケティング施策を支援することを目的としています。スクウェア・エニックスに導入をいただいた、「Twitterインスタントウィン」は、「giftee campaign platform」の機能の1つであり、その場で「アタリ」と「ハズレ」がわかるインスタントウィン形式の自動抽選機能です。キャンペーン実施企業は、200種類以上のラインップから、デジタルの当選ギフトを自由に選ぶことができる他、キャンペーンの内容に合わせた様々な条件設定が可能です。想定リーチ数に合わせた当選確率の設定や、ユーザーの複数回当選防止等にも対応可能な、新商品のプロモーションや会員の獲得などに効果的な機能です。当選したユーザーは、キャンペーン参加直後に、抽選結果がわかり、その場ですぐに「giftee for Business」を通し発行されるeギフトを受け取ることが可能です。当選ギフトは、抽選直後より、全国の店舗で引き換えることができます。なお、ギフティは、FacebookやLINE上でのキャンペーンを対象としたインスタントウィン機能や、特定のユーザーのみにデジタルギフトを付与する認証機能の開発も進めており、年内に提供を開始する予定です。

ギフティは、多様化する顧客ニーズに合わせ、「giftee for Business」のサービスおよび機能の開発を、一層進めるとともに、「giftee for Business 」の普及を通し、企業と顧客間でのコミュニケーションの活性化に、デジタルとリアルの両側面から貢献してまいります。

(※1) eギフトサービスとは、オンライン上でデジタルのギフトチケットを購入して送り、そのチケットを店頭で商品と引き換えることができるサービスです
(※2) gifteeとは、ギフティが運営しeギフトを販売するWEBサービスです

【Twitterインスタントウィン 概要】
名 称 : Twitterインスタントウィン
概要 :
ギフティが提供するギフトチケットを活用した企業のデジタルマーケティング施策を支援する「giftee campaign platform」の機能の1つであり、eギフトを当選商品とするTwitterを活用したインスタントウィン機能

機能:
・キャンペーン応募条件の任意設定
「特定のアカウントをフォロー」「特定のツイートをリツイート」「特定のハッシュタグをつけてツイート」など、応募条件を任意に設定してキャンペーンを行うことができます

・リアルタイムでインセンティブ付与
キャンペーンに応募したユーザーは、その場で抽選結果を確認することが可能です。当選者にはリアルタイムで、キャンペーンのLP上から、eギフトが付与されます。メールやDMを送る手間は一切必要ありません

・不正複数回応募制御
キャンペーン応募時にTwitterのアカウントと連携をすることで、1度キャンペーンに参加したユーザー参加が複数回応募することを防ぐことができます

・高負荷対応
Twitterプロモトレンドや、広告などの大きなトラフィックが集まった場合でも、対応できるインフラを備えています。

導入イメージ :

■株式会社ギフティについて
ギフティは、日頃の感謝の気持ちを伝える手段として、気軽にギフトを贈る習慣や文化を創出することを目指し、より多くの方にご利用されるギフトサービスの提供とその拡充に取り組んでいます。ギフティが運営するカジュアルギフトサービス「giftee」は、現在、会員数が78万人(2017年7月末時点)を超え、国内No.1のカジュアルギフトサービスとして、引き続き利用者数が増加しています。また、全国33,000店舗以上の商品を取り扱っており、コーヒーショップやコンビニエンスストア、レストラン等の商品の中から、多様なシーンにあったギフトを選ぶことができます。当社のギフト商品の平均販売価格は約600円。贈り先に負担を感じさせず、気軽にLINEやメールで贈りあえる、手頃なギフトが充実しています。また、eギフトサービスのみならず、2016年5月より、地域通貨の電子化を実現するソリューション「Welcome ! STAMP」のサービス提供を開始いたしました。

【株式会社ギフティ 会社概要】
社名: 株式会社ギフティ
所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-10-25 齊征池田山ビル5F
設立: 平成22年8月10日 (サービス開始:平成23年3月)
資本金: 1億9,480万5,000円
代表者: 代表取締役 太田 睦
事業内容:
・カジュアルギフトサービス「giftee」の運営
・法人を対象としたギフト販売システム「giftee e-Gift System」(SaaS) 事業の展開
URL:
株式会社ギフティ http://giftee.co.jp/
カジュアルギフトサービス「giftee」 https://giftee.co/